Session ネプラス・ユー(オンライン・無料)

9月17日(木) 13:40- E-1 キーノートセッション

「コンプレイセンシー(complacency)」 に打ち勝つリーダー
「コンプレイセンシー(complacency)」 とは、現状に満足し、変革をしようとしない考えに囚われている状況を指します。企業が成長し続けるためには、このコンプレイセンシーを脱することが必要です。
しかし、どうすれば、その状況から脱することができるのでしょうか。今回は一休、オルビスの二人の経営者に登場してもらい、その状況に打ち勝った経験をお話いただきます。

Speaker

小林 琢磨
オルビス株式会社 
代表取締役社長
2002年(株)ポーラへ入社、2009年にグループの社内ベンチャーで立ち上げた敏感肌専門ブランドの(株)DECENCIA取締役、2010年同社代表取締役社長へ就任。急成長に導き、同ブランドを大きく飛躍させた後、2017年オルビス(株)のマーケティング担当取締役、2018年に代表取締役社長に就任。リブランディング、構造改革を実行している。 ポーラ・オルビスホールディングス取締役を兼務。 早稲田大学大学院MBA
榊 淳
株式会社一休 
代表取締役社長
1972年、熊本県生まれ。慶応義塾大学大学院理工学研修科終了後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。米スタンフォード大学大学院にてサイエンティフィック・コンピューティング修士課程修了。ボストン コンサルティング グループに入社し、約6年間コンサルタントとして活躍。2009年よりアリックスパートナーズ。13年一休に入社。PL責任者として宿泊事業の再構築を担い、14年に取締役副社長COOに就任。16年に社長就任。

聞き手

伊東 正明
株式会社吉野家 
常務取締役
P&Gにてジョイ、アリエールなどのブランド再生や、グローバルファブリーズチームのマーケティング責任者をアメリカ・スイスにて担当。直近までヴァイスプレジデントとしてアジアパシフィックのホームケア、オーラルケア事業責任者、e-business責任者を歴任。2018年1月より独立、ビジネスコンサルタント。吉野家 常務取締役。

一覧へ戻る